最近のトラックバック

20110504ハーフグランフォンド神奈川

  • 酒匂川CR
    神奈川県の山沿いを走ってみました。

101205裏ヤビツ

  • P1040127
    今年最後の紅葉を探しに裏ヤビツに行ってきました

101113桜えびツアー

  • Img_6866
    Kenさんと由比の桜えび掻き揚げ丼を食べに行きました。

100926ターンパイクsuperHC応援

  • P1030837
    記念すべき第1回ターンパイクsuperHCの応援に皆で行ってきました。

100829乗鞍マウンテンサイクリング

  • P1030716
    第25回乗鞍マウンテンサイクリングにチャレンジしてきました。ハプニングもありましたがとても楽しくHCできました。

100810スバルライン

  • P1030579
    '10年度のスバルライン勝手にT/Tに行ってきました

100313南房総

  • P1020968
    東京湾フェリーに乗って南房総へ行きました。

100206ヤビツNORTON

  • P1020826
    NORTON君でヤビツに行ったよ

111029大野山フェス

  • アルプホルン~♪ その2
    Kenさんのお誘いで大野山フェスに逝ってきました。

111105松輪鯖ポタ

  • 逗子マリかすんでる
    Sバタさんの仲間と鯖を食べに行ってきました。

20111210おめでとう三浦ポタ

  • 良かった、原型をとどめてたよ♡
    お二人の結婚を祝して思い出の三浦ポタにみんなで行ってきましたよ

2011年忘れカレーサイクリング

  • お疲れ様
    みんなで2011走り納め、湯河原カレーサイクリングに行ってきました

20120407大観山

  • みんなで大観山(photo by Kenさん)
    ニューヨークのサイクリストLisaさんと大観山サイクリングに逝ってきました。

20120505ハーフ神奈川グランフォンド

  • お祭り多いね@大磯R1
    今年のGWでは貴重なスーパーファインデーに 神奈川県の山沿いを走ってきました。

20121103松輪サバサイク

  • 陽射しが輝く…稲村ケ崎
    松輪の極上トロ鯖いただいてきました。

20121229真鶴走り納め

  • 最後はE浪道場でトレーニング
    2012年の走り納めとJoeさんのお別れランで 福浦漁港のみなと食堂に行くはずだったのですが…。

20130504ハーフグランフォンド神奈川

  • 獲得標高  2,091mでした
    今年も行ってきました、ハーフグランフォンド神奈川。 なんとか、獲得標高は 2,091m でした。 例年比、ちょっと寒かったけど楽しく走れました。

« 暫定アップ:乗鞍リザルト | トップページ | どうかしてるねこの暑さ »

2010年8月29日 (日)

第25回乗鞍マウンテンサイクリング参加(当日編)

そんなわけで、寝てても夜は明けるもので、AM5時、起床時間ですよ。身の回りを片づけ、朝食、たっぷりありますね、ありがとうございます。でもご飯はちょっと少なめでWT増を避けますよ。食後は早速、軽量化、そして出走の準備にかかります。山頂で受け取る荷物はリュックに入れて持っていき、スタート地点で預けます。会場までは10%の坂を1kmくらい登り、ウオームアップも兼ねちゃいます。P1030682 それにしても今日はほんといい天気。下から見上げてもゴールの畳平まで鮮明に見えますよ。

荷物を預けてからスタート順に並ぶのだけど、まあものすごい人数です。特にそれを助長しているのが私の40歳台のグループで、ざっくり1500人くらいいそうな感じです。P1030685 女房に見放され、子供にそっぽを向かれたかわいそうな40代は、皆チャリに走りMになっていくのです…。

AM7時より開会式、AM7:20から順次スタート、そしてだーいぶ待ったけど僕の属するE-2グループもAM7:54スタート地点に向かいます。P1030689 そして「よーいスタート」の声とともにスタート…するけど僕の位置が動き出すのは約1min後、そろりそろりと走り出し。スタートゲートを通過する際にサイコンLAPスタート。ポンダーの計測は、スタートの声で始まっちゃってるので、自分のNETタイムを計測しなきゃね。道路わきの皆さんが声援し見送ってくれるのがとてもうれしい。

コースプロフィールから考えると、序盤はやや抑え、中盤の緩斜面で少し頑張り、つづら折れまで温存、最後の中斜面を頑張る、などというプランを考えていたので、スタート直後から5minくらいは結構後ろから抜かれる。だけどその後やや勾配が現れるあたりで、失速気味の方多数、どんどん抜いちゃいます。緩斜面に入ってもどんどん回します。

結構抜きつつ、スキー場上あたりで、さらに本気出そうと思ったところ、何やら後輪に異変が。「プチン…」という鈍い音がして、しばらくすると、後輪がぼよよーんとなってきた…。まさか、そう、そのまさかのパンク。何もこんな時にパンクしなくてもいいじゃん。信じられない気持でいっぱいだが、悔しいけど現実を受け止め、コースわきで修理開始。とりあえずチューブ交換するんだけど原因を除去しとかなくては再発するとやばいので、タイヤの内側をなめるように触って確かめるが要因にあたらない。おかしいぞ、もう一回触る、何もない、もう一回…やはり何もない。えーい、もういいやチューブ交換。タイヤはアルトレモなんだけどこいつ、工具なしでタイヤ外せるので、今回もとても助かった。さてと、今度はポンピング、マイクロロケットで、「すこすこ…」ひたすら入れます。がなかなかパンパンに届きません。途中Joeさんに声かけてもらいモチベーションアップ。これ以上ポンピングしても入りが悪いく時間ももったいないので、若干「フニョ」レベルで修理完了、再スタートです。

修理の間、非常にたくさんの人に抜かれました。軽く、100~200人は居たでしょう。僕と近い3000番台ゼッケンの人はもうあたりには見当たりません。地道に最後尾から再スタートのつもりで追い上げます。遅れを取り戻すべく、どんどん抜いて登ります。抜くために追いかける、追いかけてはまた抜く…達成感を感じつつモチベーションも高まりますぞ。さっき抜かれたJoeさんを発見、ロックオン、発射命中です。P1030691 Joeさんロックオン!

そのままの勢いで冷泉小屋のつづら折れに入りますが、意外といけてる自分がここにあります。まわりの人たちより自分はなぜか余力が少しあるようにさえ感じちゃいます。P1030697 クライマーズ・ハイ状態でしょうか?急勾配区間もクリアし、位ヶ原から最後の登りに入ります。このあたりから、先行していたエキスパートクラスの方々を先頭に下山が始まりました。したがって、全車線幅を使った追い越しはできませぬ。この区間結構勾配があって、垂れ始めた足にこたえます。でもバス停からの応援の声のおかげもありずいぶんと励まされます。そして待望のゴール。

やったー、完走は達成。すぐにチャリをおり、指示に従い荷物受け場に向かいます。てなことをしてたら、自分のLAP計測を忘れた。しまった…、本日2度目の失敗。でもリアルタイムラッパーが、1:30minを表示してるので、走っている時間は、だいたいそのくらいで登れたようです。 パンクにも屈せず良く頑張ったと自らをほめちゃいます。

チャリを置いて、預けた荷物を取りに行きますが、もう大変、あたりは自転車とライダーたちでごった返しており、歩く道筋もつけられない状況。そんでも荷物は無事getし、そのあと、F澤さんと遭遇、今まで一人旅だったので何かうれしい。さらにJoeさん発見。お互いに労をねぎらいます。Dsc02920 Dsc02932_2 写真提供Joeさん

畳平の素晴らしい景色をバックに何枚か写真を撮り、下山に向かいます。  P1030708

ここでも素晴らしい意景色が目の前いっぱいに広がります。P1030712 ん~、気分爽快。P1030709 それで、下山はやはり事故が多いようで、何百人かずつ固めてから、オフィシャルカー先導で下ります。Dsc02942 写真提供Joeさん

いやま、こんなところ良く登ったもんだわいと思いつつ慎重に下りますが、ブレーキの発熱かなりです。そのうちブレーキを握る手もしびれ握力が低下してくるし、考えようによっては、登りよりもきついかも。

20kmのダウンヒルも終わり、スタート地点まで戻りました。一言、なんでここ、こんなに暑いの?というくらい朝と比べて、真夏の太陽が降りそそいでいました。ポンダーを返却後、スイカコーナーに向かいます。「波田スイカですか?」と聞いたらYESの答え、大変おいしくいただきました。P1030714 長野県のスイカの名産地ですな、旧波田村は。

それと、すでにリザルトが張り出されており、黒山の人だかりが。自分タイムを確認するよ。えーと、と、公式計測タイムは、1hr44min14secでした。P1030715 ていうことは、パンク修理に15minくらいかかっていたということですな。まあ上出来、上出来。うまくは行かなかったけど、充実感をたっぷりと感じながら会場を後にすることに…。きっとリベンジに来るからねと自分に言い聞かせ、この夏の暑い2日間は終了。皆さん、お疲れさまでした。

帰り道は、やっぱりそばを食べなきゃ、ということで昼飯は、島々駅近くの蕎麦屋さんへ。ざる大盛り+ちくわ天トッピングでちょっと豪華にして、おいしくいただきました。P1030716 やっぱ、長野県の蕎麦屋さんはうまいなあ、レベルが高いよね。

で、ここからが地獄でしたね。中央道のモーレツ渋滞にもまれ溺れ、自宅にたどり着いたのはPM10時前。ほんと、'90年バブル期のスキーの帰りの時以来だね、あんな渋滞は。

そんなわけで、いろいろとハプニングもありましたが、楽しく充実した週末を楽しませていただきました。みんなありがとう!

今日の走行距離:40.00km

« 暫定アップ:乗鞍リザルト | トップページ | どうかしてるねこの暑さ »

チャリ」カテゴリの記事

コメント

Machyさん、お疲れ様でした。
それにしても、痛恨のパンクでしたね。
でも、ある程度は納得のいく走りが出来た様だし、雄大な自然の中でHCを思いっ切り楽しめた様なので、それが何よりだったんじゃないでしょうか。
スバルラインと較べると、距離は短いけど、勾配は急で、時間はほぼ同じくらい、と言った感じみたいですね。
来年までの新たな目標が出来ましたね。(Ken)

Kenさん、乗鞍は天気も良く景色も最高、充分に楽しめました。一人でヤビるとやけに辛さばかり感じるのですけど、HCでは常に周囲に競う相手がそばにいるので辛く感じないようです。可能であればまたリベンジしたいと思っています。(Machy)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551417/49300148

この記事へのトラックバック一覧です: 第25回乗鞍マウンテンサイクリング参加(当日編):

« 暫定アップ:乗鞍リザルト | トップページ | どうかしてるねこの暑さ »